あなたにもいるヘルペスウイルス

性器ヘルペスは伝染病ですが神経症にならずとも完治

性器ヘルペスというのは、性病の一種です。
患部に痒みを覚え、赤い斑点が出てきたり、水ぶくれができたり、そして、それがただれになっていったり、という症状を示します。
初めて感染するのは、性行為がきっかけとなっていることがほとんどです。
空気感染や飛沫感染はいたしません。
性行為の相手が持っていたヘルペスから感染したと考えられます。
ただ、アナルセックスやオーラルセックスによっても感染しますし、あるいは、感染している人が使ったタオルや西洋便座からうつることもあります。
また、パートナーに症状が出ていなくても、こちらに感染してしまう恐れもあります。
現実に、パートナーへ感染した事例の約70%は、感染源となった人のほうには、自覚症状がなかった段階で発生した、との調査報告もあります。
なお、昨今は、人間同士の感染症のことは伝染病との表現はいたしませんが、実際には、性器ヘルペスは伝染病そのものです。
中には、自分の口唇ヘルペスを手で触ったあと、性器に触れることによって、性器ヘルペスが発症したケースもあります。
あまりに感染を恐れすぎて、神経症になるのは考えものですが、性的な行為の際は、少しばかりの注意はしておく必要があります。
もっとも、もし感染しても、しっかりと治療を受ければ、快復することがほとんどです。
伝染病だからといって、極度に恐れると、それこそ神経症になってしまいます。
なお、性器ヘルペスに感染したかもしれないとの疑惑を持ったら、できるだけ早期に医療機関に行って、検査を受けるのが安全です。
その際、パートナーも同行して検査を受けるのが得策です。
症状があらわれていなくても、パートナーにも感染の恐れは否定できませんので、一緒に検査を受けておけば、神経症になることもありません。