あなたにもいるヘルペスウイルス

浮気とヘルペスやカビの感染について

性感染症は、性行為によって感染する病気で、その一つが性器ヘルペスです。
これらの病気自体は不特定多数の人と性交渉を行う事によって劇的に増加するので、充分注意しなければいけません。
反対に特定のパートナーだけとしか性行為を行わないという場合は、比較的感染しにくい物となっています。
したがって、いきなりパートナーがヘルペスとかカビに感染してしまうと、相手の浮気を疑ってしまう時もある程です。

どこからを浮気とするかはその人の中の定義となるのですが、性行為をする場合、コンドームなどを利用せずに行ってしまうと性感染症に感染するリスクは各段にアップします。
また、これらの感染症自体は発症するまでに時間が必要な物も多く、知らないうちに色々な人に移してしまっている可能性も否定できません。
したがって、充分病気には注意しておく事が重要です。
また何らかの異変があった場合は泌尿器科などに行ってしっかりと診察を受ける事、これが感染拡大を防ぐ第一歩です。

ヘルペスやカビなどは、それぞれ治療法が違いますが、基本的には投薬治療を行うとその症状は次第に改善していきます。
浮気をしておらず特定のパートナーとだけしか性行為を行っていないのにカビに感染してしまったという場合は、もしかしたらパートナーも感染はしているけれど発症していないだけかもしれません。
病院に行けばしっかりと検査をしてもらう事ができ、感染しているかどうかを判断してもらう事ができます。

性感染症は症状が出ているからその人が原因と言う風に言う事は出来ません。
また性別によっても症状の出方が違ってくるので、普段とは性器の様子が違う、痒みがある、排尿痛があるという場合などはすぐに病院に行って検査を受け、必要な場合は治療を受けましょう。